CGの活用

最近のCG(computer graphics/コンピューター・グラフィック)は
実物と見分けがつかないほどの精度に上がっています。
その技術の発達のおかげで、我々が使用する簡易的なCGソフトも
かなりの精度で再現できるようになりました。

写真のCGは某通信会社の景品のパッケージに使用されました。
玩具メーカーが見本を作るより先に包材の入稿をしなくてはならなかったため、
撮影が間に合わず、CGによる完成イメージを制作しました。

CGはプレゼンテーションでも活用されます。
たとえば、パッケージデザインの仕上がりイメージを再現できるので、
写真の中にこのCGを合成することで、
商品がリアルに想像できるようになります。

また、イベント会場のイメージや店頭イメージを作ったり、
もちろんプロダクトデザインにも活躍します。

このようなCGの活用ついて興味があればご相談ください。